スキンタッグは中高年だけの問題じゃない!顔まわりのイボの治療法

ウーマン

まつ育を始めよう

まつげ

まつげの育毛は効果が現れるまで時間がかかります。まずは1本気に入ったものを選び、異常がなければ使い続けてみてください。マスカラやパーマ、エクステで受けたダメージを無くし、長くてふさふさな濃いまつげを目指してがんばりましょう。

肌内部から美肌を作る

美容液

美白や肌のハリを取り戻す効果があるといわれているapps配合の化粧水は、浸透性の高さと肌内部での滞在時間の長くなっています。さらに肌本来の力を引き出す効果が期待できるという点もapps配合の化粧水の特徴だといえます。

年齢を問わず

鏡を見る婦人

早目の対策を

スキンタッグは、首から胸にかけてできるイボのことです。目の周りなど、顔にもできることがあります。多くは、皮膚が薄く、柔らかい場所にできます。他には、脇の下などにもできます。このスキンタッグは、できてしまうと老けた印象を与えてしまい、気になる方も多いです。スキンタッグは、中高年にできやすいイメージがありますが、早ければ20代からできる人もいます。大きさは、数ミリから1センチ以内で、肌色のものもあれば、ホクロのように茶色や黒いものもあります。だんだん数が増える方が多いですが、痛みなどの症状はありません。しかし、たくさんできてしまうと、美容的に気になりますし、首や胸元が見える服も着づらくなります。そのため、スキンタッグ用のクリームなども発売されていて、ヨクイニンと呼ばれるハトムギの成分や杏仁オイルなどが配合されています。このような専用クリームの多くは、肌を保湿して、スキンタッグを予防したり、目立たなくしていく働きがあります。専用のクリームは、続けて使う必要がありますし、効果にも個人差があります。またスキンタッグは、皮膚科で治療できます。はさみで切ったり、糸でしばったりする方法以外に、液体窒素を使った冷凍療法があります。液体窒素を綿棒のようなものにつけ、スキンタッグに押しあてます。数日で小さなかさぶたになって、その後きれいになります。治療時にちくっとするような痛みはあります。顔など、跡を残さず治療するには、炭酸ガスレーザーでの治療も可能ですが、保険適用でないので、治療費が高くなります。スキンタッグの予防は、紫外線対策をし、保湿して肌のターンオーバーを乱さないようにすることが効果的です。

慎重に選びたい洗顔コスメ

石けん

洗顔石鹸は、サンプルやトライアルセットが用意されている商品を選ぶと安心して購入が出来ます。泡立ちや肌への優しさなどは、お試しの際に確認しておきたいポイントです。ある程度使い続けて、肌の状態をチェックします。

Copyright © 2017 スキンタッグは中高年だけの問題じゃない!顔まわりのイボの治療法 All Rights Reserved.