スキンタッグは中高年だけの問題じゃない!顔まわりのイボの治療法

レディ

まつ育を始めよう

まつげ

長くて濃いまつげはとても魅力的で憧れますよね。マスカラやまつげ用のエクステをつけることが多いですが、自分のまつげを長くしたいですよね。今回はまつげの育毛剤について説明します。まつげの育毛剤は医薬品・医薬部外品・化粧品(美容液)の3種類です。医薬品は治療目的としていて発毛効果が強いですが、副作用もあります。医薬部外品は脱毛予防や育毛、発毛促進の効果があり、副作用も抑えられます。市販で簡単に手に入るのが化粧品です。まつげ美容液として販売されていて、ドラッグストアやインターネットで購入できます。マスカラやパーマ、エクステからのダメージを守り、まつげのコシやハリを保ちます。成分は商品によって異なりますが、毛細細胞を活性化させるオクタペプチドや、エスラチンを刺激して毛細細胞への作用を高めてくれるミリストイルペンタペプチドなどが配合されています。使い方は寝る前に育毛剤を付属のハケでまつげのきわの皮膚の上に塗ります。1日1回塗るだけです。使い方も簡単なので長く使いやすいです。育毛剤の副作用としては、毛根のメラニンを活性化して成長を促すので、性質上色素沈着がでる場合があります。アイメイクで隠れる程度なので気にならないと思います。ただし、かゆみや異常が出た時は、使用をやめて皮膚科を受診して下さい。まつげの育毛剤はお値段が高い物が多いです。ですが1本の使用量は3〜4か月なのでコスパは悪くないと思います。

Copyright © 2017 スキンタッグは中高年だけの問題じゃない!顔まわりのイボの治療法 All Rights Reserved.